4月某日、勇成からそれは送られてきた。『白書』に詰め込まれた楽曲達は、僕が在籍していた頃の記憶を真空パックでジップして、開いた瞬間に更に火力を増して爆発してしまった。銀杏BOYZの『BEACH』を聴いた時、ゴジラが時空を超えてメカゴジラになって襲ってきた!と思ったけど、『白書』を聴いた時、それに近い感情、もといそれ以上に、同じ生命体だった僕は、脱退間近から演奏していた「after dance music」を聴いて、感極まってしまった。ゴジラと僕は友達に戻ったけど、同じ地球にいて、僕もまだ音楽を続けていて、それがとても誇りに思えた。

 

そして先日公開された個人的超話題作MV、『跡形』。菅野くんは29年振りにヘアワックスを付け、あれだけデコを出すのを嫌がっていた勇成が、少し広いそれを余す事なく晒していた。サングラスもかけてたし。しかしそれらは不器用な彼らの決意表明に見えたし、いつまでもブレない魂を改めて感じさせてくれた。コンプレックスを晒す(特に勇成はデコ出すのを本当に嫌がっていたよね)って、なかなか出来ない。もう、裏も表も包み隠さず、俺たちのありのままの姿を晒すぜ!って、今巷に溢れている着飾ったプロモーションから真っ向から対抗する様な、でもそれが本当に彼らの姿なんだから、眩しくてかっこよすぎるんだな。MVを観て、勇成の実家を思い出したよ。福島でライブした後に泊まらせてもらって、チーズカレーを食べたな〜。マヨネーズかけて。鮮明に思い出して、懐かしくなった。また食べたいな。

 

-----

 

つらつらと長くなったけど、勇成、菅野くん、この度はファーストフルアルバム発売、本当におめでとう!自分の事の様にとても嬉しく思います。ありがとう。

yolabmi a.k.a. 尾瀬松島(paionia2代目ドラマー)

Copyright © paionia All rights recerved.