アルバム通して聴いて跡形で号泣してフォークソングで静かに泣きました。

最後にあの二曲が来るのがとてもよかったです。

シロップのsyrup16gでイマジネーション→夢からさめてしまわぬようにで終わる流れを少し思い出しました。最初は入れる予定なかったですけど跡形がこのアルバムに入ることになってとてもよかったと思います。

さようならパイオニアを出した頃は「若さゆえの葛藤」みたいなことを言われましたけど、

もうそんな褒めてるんだか褒めてないんだか、おっさんおばさんの上からの反応なんて撥ね付けるような、新たな強度を備えたpaioniaをこのアルバムで示すことができたと思います。

単に時を経て成熟してきたというだけではなくて、「若さ」というレッテル、概念そのものを凌駕し、葛藤が外部へと向かうというより、外部を巻き込んでより深い内部へと進んで行くような強さだと思いました。

前に僕がたけひろさんにpaioniaのコピーバンドのベースがコピーに苦しんでるって言った時に

たけひろさんが、そりゃバンドやるなら誰にもコピーできないようなことをやらなきゃねという趣旨のことを言っていたのですが、まさに複製不可能なpaioniaの音楽がずっしりとそびえ立ちバンドマンはみな「これはやられたあ、、絶対真似できないわ、、」と思うとおもいます(paioniaの音楽と広く捉えた場合も、例えばドラムを聴いた場合も笑)。

一曲一曲の感想を言いたいくらいたくさん感想はあるのですがあまりにも長くなってしまうのでこの辺で笑。

上の二曲以外に特にいいと思ったのは暮らしとは、グレートエスケープ、after dance music、規則あたりです。もちろんいい曲しかないのですが。

収集がつかなくなるので終わりということで。フルアルバム、本当におめでとうございます。

新嶋遼(Ohohon/paionia staff)

Copyright © paionia All rights recerved.