僕がpaioniaに出会ったのは高校生の頃です。素直を聴いた時当時の俺は大人はカッコ悪いなと思いました。
20歳を過ぎ、なんとなく久し振りに聴いた素直は感じ方が劇的に変わっていて胸が締め付けられました。

白書はどこまでも真面目で正直すぎる大人の男の告白、そんな印象です。
いつまで経っても好きになりきれない自分を、好きになろうと促す訳では無いです。
ただ今よりほんの少しだけ暗い部分が白んで、少しだけ楽になるんです。

きっと僕みたいな若輩者はまだまだ理解しきれていないと思います。素直の時のように、歳を重ね、また生きていく内のどこかで必ず聴くべくして聴くのだろう。それだけは断言できます。

NOWEATHER(大畑カズキ)

Copyright © paionia All rights recerved.