さて私はかねてよりなんと大仰なバンド名なのでしょうと私はそう思っていたのではございますが『跡形』など聴くにつれ確かに誰も踏み入った形跡のない地平を開拓していると合点した次第なのでございます。確かに彼等は何かに触れているのではありませんか、そう思えてならないとそう思ったのでございます。

ええ、それは朝刻の事でございました。

 

酒井泰明(moools)

Copyright © paionia All rights recerved.