振るえばなんでも斬れるのに、それをただ光にかざしてきらめかせているような、切っ先にスズメさえ留まれそうな、やさしい抜身の刀みたいな「日本男児」の音楽です。

道具小路(小説家)

Copyright © paionia All rights recerved.