山崎陸

決してBPMが早い訳でもなく、目まぐるしく展開する動きのある演奏をする訳でもない。

過激な事を唄っている訳でもない。

ただただ淡々と、しかし確かに、底知れぬ熱量を帯びてこちらに「お前はどうなんだ?」と問いかけてくる様な、

鬼気迫る物がpaioniaの楽曲にはある。激しいロックバンドだなと思う。

そんなpaioniaが新しいアルバムを完成させた。

最初は1ファンとして純粋に「やったぜ!うれしい!」という馬鹿っぽい感想。

一曲目の「人の瀬」からボロボロと泣いてしまって、途中で止めて、また再生して、を繰り返している。

音楽はただの娯楽で、どんな楽曲も聴き手にとってはフィクションでしかない。

僕はエンターテイメントが大好きなので、それを否定は出来ない。しかしこのアルバムからは、

バンドの誠実さや、ひたむきに音楽へ向き合った真摯さしか感じられない。

こういう言い方は失礼に当たるかもしれないけど、キラキラしたエンターテイメントの対極にあると思う。

誰もが過ごす普通の日々に、鈍く光る現実に、音が乗っている。

僕の場合、そうした音楽が起爆剤となって言葉で現せない想いに気付く事がある。

自分はこういう事を考えていたんだな。

こんな風に感じていたんだな、と。

音で、演奏で、詞で、声で、そんな心の奥の方にまで届く感覚が、このアルバムには何度もあった。

娯楽やフィクションという大前提を飛び越えて直接胸倉を掴んでくる感覚が何度もあった。尊敬しています。

アルバムリリース、本当におめでとうございます。