下岡晃(Analogfish)



昨年の金属に近いがすごくよくて音楽仲間とpaioniaすごいねって話してた。

今回アルバムを聴かせてもらってその思いを新たにした。

アメリカのバンドの演奏の向こうににだだっ広い荒野を感じることがあるみたいに、

paioniaには固有の大きな歌の世界があるとおもう。

安っぽく聞こえてしまうかもしれないけれど、

いろんな悩みを抱えながらそれぞれ生きていく人たちの姿があるとおもう。

人の瀬のすばらしさよ。

 

今度二人に会ったら”かっこいいぞ”と伝えたい。